ターン制バトルで冷静に判断できる

【ターン制バトルで冷静に判断できる】
基本的に5人同士の対戦になりますが、それぞれがターン制のバトルシステムなので、戦闘は非常に簡略化されていてスキップすることもできます。先攻、後攻も大きく影響してくる場合があり、意外と戦略的にプレイできるゲームとなっています。キャバ嬢などヤンキーや不良系の女性同士のバトルとなっているので、想像しているほど怖いゲームではなく意外とキャットファイトのようなかわいらしさも感じられるゲームのようです。急に戦闘が始まってくるような印象もありますが、エロゲ的な展開としてはそこまで気にはならないレベルです。最初はキャラクターが5人割り当てられるので、それらのキャラクターをしっかり育成していきましょう。最初のガチャで登場するキャラクターをひとまず育てていけば問題はなさそうです。

069597
【無限成長システムが新しい】
通常のカードゲームやカードバトルでは成長限界がありますが、この極嬢トライブ! R指定では成長限界が用意されておらず、どこまでもキャラクターを育成することができるようです。女性キャラクターとの親密度を上げていけばHシーンも解放されていくので、その点は一般的なエロゲ同様、最終的にはセックスまでできます。セックスのイラストやシチュエーション、プレイスタイルは射止める嬢にによって変わるようなので、色々なお嬢様に手を出してみてください。まずはHシーンの開放を目的に育成していかないと無限に成長してしまうので、なかなか目的が果たせないかもしれません。ストーリーやキャラごとの会話を進めていけばHシーンもかなり早く入手できるので、レベルアップやスキルアップよりはストーリー進行を重視してみてください。
【OVERRIDE制作に期待】
OVERRIDEはDMMの他のシリーズのゲームでも人気があるようで、エッチシーンはアニメーションやボイスがついていることもあったようです。この極嬢トライブ! R指定では、Hシーンにアニメーションやフラッシュの効果や演出があるのかどうか怪しい所があり、もしかしたら品質面は少し劣るかもしれません。それでもイラストの力は大きいのでHシーンも最低限のラインは満たせています。ゲームシステムはしっかりしていますが、操作性やプレイの仕方、チュートリアルなどで混乱してしまうプレイヤーは多いようなので、初めてプレイする方はアニメーションなどまでは気が回らないかもしれませんが、他のゲームとも比較できるくらいに、地道にやり込んでみてください。